2016年度下降機のまとめ その22017/03/03 18:42

どうもです。久々に書いたブログは我ながら切れが無く遺憾です。

それはそれとして、かまやつひろしさんが亡くなられました。当ブログのタイトルは彼の歌の「ぶらぶら天国」からいただいております。当方、植木等シリーズなどが好きでしたのでそれのもじりで色々作っておりましたが、どれも今一。ふと出てきたのが「ぶらぶら天国」です。私自身もかまやつひろしさんの歌のタイトルというのを忘れていたのですが、これがしっくり来るので採用しました。ぶらぶらと天国を組み合わせた際の何とも言えない間抜け感がお気に入りです。

かまやつひろしさんのご冥福をお祈りします。

それはそれとして、前回ブログタイトルに偽りありですが、今回はちゃんと下降機の紹介を致します。まぁ、これもずいぶん前に用意していた物なのですが。

341EN 12841-C EN ロープ系1891タイプA EN10.5mm-11mm対応

イタリアのクライミングテクノロジー社の下降機です。こちらは現在より進化した
が出ておりますが、そちらは11mmのみ対応という思いきった仕様になっております。
sparrow

基本的な構造は変化していないので、それほど違いはないように思います。今回紹介するのはノーマルなスパローです。
特徴はダブルストップ機能付きレバー。セット時の落下防止機能。一番の特徴はロープを押さえつけるガイドクリップの存在でしょうか。(矢印部分)

こんなのが役に立つのかとも思いましたが、これが地味に良い仕事をします。ロープが暴れるのを押さえ、ロープのキンクも減らしてくれます。
sparrow 重さ540g
sparrow レバー側

使い勝手はトッテモ良いです。ほかの商品を使っている方でもすぐに違和感なく使いこなせる間口の広さが魅力かと。まぁ、今となっては実に普通に使えてよろしいです。
現在では日本での入手性も良いので選択肢としては大いに有りですが、ちょっと値段が高めです。

クライミングテクノロジーはクライミング、ワーク共に道具を一通りだしているので、こちらの会社だけで装備を揃えることも可能です。同じくイタリアのKONGともミラノの北に会社あるらしいので一度は訪問したいです。

余談ですがsparrow200を検索するとトップがCMCのオンラインショップ。米国のNFPAの規格は取ってないのに相変わらず米国はアバウトだな。

こちら(スパロー)は例によって蓮見氏にお借りしました。レビュー遅くなって申し訳ありませんでした。今後はがんばる。

それでは、今日はこんなところで勘弁してください。次回は今まで紹介した下降機をまとめようと思います。


2016年度下降機のまとめ その12017/02/25 21:19

すっかりブログの書き方を忘れてしまいました。
最近は脳内更新も回数が減る体たらくです。本日は本来だったら半年前に載せておくべき代物です。申し訳ありません。

以前も紹介しましたISCのD4。
現在一番のお気に入りの下降機ですが、これを作った方々が来ると言うことで伺いました。

2016年の7月のことです。神奈川県大和市にあります

レスキュー体験
レスキュー体験
箱一杯のISC商品 宝箱だよな。値段的にも。
箱一杯のISC
パンフとカラビナ
ISC カラビナ

D4の紹介、使い方。がっつりと商品に触れる機会で大変有意義な集まりでした。
私が持っているのは旧型。2016年からの新型はレバーの形状変化、カム部分の金属変更と、うらやましい限り。早く新型が欲しいのですが、旧型も丈夫すぎて全く持って目減りせず。

新旧D4

新旧 D4
D4は米国でもOEM販売が多く天下取りつつあるなぁ。

ISCの中の人がペツルに並々ならぬ対抗心を燃やして居り、すごいディスっていて、すごい好き。きっと一緒においしいビールが飲めると思いました。英語覚えないとなぁ。

それはそれとして、私の廻りもHigh Q jpann様でIRATAを取る人が増えております。私も4KTV購入を検討している場合じゃない!!と、思う日々です。

今日はリハビリと言うことでこのぐらいで勘弁してください。

あと コメント欄なのですが、あまりにもスパムが多いのでクイズ形式にさせていただきました。よろしくお願いします。



ISC D4を買う2016/03/26 20:49

アサップロック祭だ!
米国でも値上がりしているから、値段的には今一なのです。在庫があって助かりました。まぁ米国から購入したのはそれなりに理由があるのですが、いずれ。

アサップロック祭

それはそれとして、新しい下降機の紹介です。
結構前から出ていますが、中々お目に掛かる機会は少ないかと思います。
イギリスの会社です。
ISC D4
10.5mm-11.5mm対応のパニック機能付きの下降機です。
米国では一昨年に上陸して、昨年NFPAの規格を獲得、今現在大変人気らしいです。今ではamazon.comでも取り扱っています。
他の下降機と違って ANSI(米国国家規格協会)の規格もとっています。こちらは日本で言う所のJIS規格に相当するものです。 ANSIこちらもNFPA同様、非営利団体なのです。それがどういうことかというと・・・。これもいずれ。

D4 RIG比較その1
D4 RIG比較1
比較その2 左D4です。
D4 RIG比較2
さて、画像を見ていただくと分かりますが、ほぼRIGと同じサイズです。レバーもそっくり。

しかし使ってみると、RIG、というよりIDの上位互換の性能を持っています。
レバー部分は360℃くるくる回ります。バイクのカブのミッションと同じと言ったら分かるでしょうか?あんな感じ。力が掛かる所で引くと降りれるようになっています。
気持ちよく止まるので作業をしていて心強いです。
ロープをキンクすることも少ないです。ボディはアルミ製、ハンドル部分はアルミに見えますが、ISCの商品説明を読む限りではプラスチックだそうです。

2016/07/24修正 先日ISCの方に確認したら、ISCの商品はすべてスチールとアルミで作っているそうです。上記の表記をしていたのはベアル側の商品紹介の方でした。大変申し訳ありません。修正させていただきます。

いずれ改めて書くかも知れませんが、今回D4を使うに辺り色々RIGと比較してみたのですが、何故RIGはロープをキンクしまくるのか結構不思議です。さほど構造に差があるとは思えないのですが、RIGのキンクしやすさは文句なしトップです。ロープのキンクでお困りの方は是非とも使用下降機を変えてみてください。

ISC D4 開いた所

ロープのセットの仕方は見たまんまです。画面左側がつり元側になります。
ISC D4 作業中

欠点としては若干重いです。安心感の表れと思えばよいかも知れないほど重く感じます。公式で678gですから。

実はこちら一昨年にD2を購入した際に一度購入したことがあります。
道具マニアの蓮見さんの依頼で。それに遅れること一年半で今回自分用に購入しましたが、中々お気に入りです。個人的には二番目によい下降機だと思います。
(一番はKONG INDY EVO)

ちなみにこちらはBEAL、SKYLOTECからも販売していて都内だとこちらの方をたまに見かけます。



何が違うかというと、BEALはちゃんとホームページでEN12841 typeCと表記している。SKYLOTECは商品の箱がすごいかっこいいのです。米国で買ったD4なんて白箱にプリンターで作った商品写真ですよ。中に入っている説明書も超適当。最初買ったときは パチモンかと思いましたよ。

d4



機会があったら是非ともお試しいただきたい一品です。
特にID、RIGを使っている方は次回下降機導入の際には検討してみてください。まだまだ国内では入手性に問題有りますが。

いずれ動画とかも作ってみたいとは思うのですが、怠け者故なかなか。

今回は更新早めでしたが、近いうちにもう一回ぐらいがんばります。
では、では。本日もありがとうございました。

ロープ高所作業 改正労働安全衛生規則について2016/03/25 23:20

どうもです。
すっかり春です。このところは寒いですが、週末は花見がしたいです。
それはさておき。

皆さんご存じのように今年2016年(平成28年)からロープの高所作業についての規則に色々変更がありました。既に受けに行っている方も居られるかと思いますが、特別教育を修了して、今年の7月から教育終了証明書が仕事で必要になるようになりました。実技は自分たちで作れます。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000093057.html

私も二月に受けて参りました。
「なんじゃ、こりゃ!?」な内容でしたので、それについてあれこれ書こうと思っておりましたが、旨いことまとまらなかったので大事なことだけ。

今回の決定は簡単に言うと、2メートル以上の作業は足場を使う。
単なる費用の増加を理由にロープ作業をしてはいけない。
以下ライフラインについてあれこれありましたが、この二点がすごすぎて。

結論から言ってしまうと今回、高所作業にロープアクセス、ロープワークという概念の導入に至らなかったと言うことです。規格の枠も作るつもりはないようです。
新たな市場をみすみす捨てるのもどうかと思うのですが。

日常的にロープ作業を行っている者としては、酷い話だとは思うのですが理由は分かります。

大雑把に言ってしまうとロープアクセスに未だ国際基準がないからです。以前もブログで書きましたが米国、EU欧州圏で規格争いをしているのが実情です。もっとも国際基準のせいにするのも筋違いではありますが
そもそも日本にはロープ作業に関しては、とっかかりになる規格すらないわけですから。今回に関しては現場に負担を強いるだけのお役所仕事という感じです。

http://sprat.org/
http://www.irata.org/

あと特別教育で紹介される事故例が酷すぎて、どうしょうもねーです。まぁ、私もブランコにID直付け。腰ベルト、ライフライン無し作業とか普通に見ているので、さも有りなん。まわりにはフルボディハーネスしている人ばかりいるけど、話聞くとちゃんとして装備している人は少数派らしいので、なんともかんとも。
落下しないようにする話はあっても、落下係数など話としてかけらも出てきませんから。

これも以前書きましたが、日本の安全に対しての態度は対策案のみ。悪く言えばその場しのぎです。今後、現場では自主的に安全基準をあげてくる所との二極化が進むと思います。

とは言え、窓の掃除の度に足場組んでくれるようになったら、それはそれで有りではありますが多分そんな時代は来ないでしょう。

皆さんもお気を付けて作業してください。では、では。また近いうちに
ほんじつもありがとうございました。

CAMP Safety DRUIDを買う2016/01/31 22:21

毎度。年末年始と色々ありました。
イヤ、無かったとも言えるのですが。
ご無沙汰しております。

それはそれとして。

CAMP Safery DRUID
読み方は「ドルイド」。相変わらずの素敵なネーミングセンスです。

先行して販売されていたビレイデバイスのCAMP Matikの下降機バージョンになるようです。見た目は一緒ですが対応ロープなど結構仕様が違います。

こちらのドルイドにはノーマルDRUIDとDRUID PROの二種類があり、基本はPROの方のようです。対応規格はどちらも同じですが、違いはノーマル版がダブルストップ機能付きとなります。デザインは両者共通。落下防止用に小さな穴あり

今回紹介するのはダブルストップ機能付きのノーマル版です。
CAMP Safery DRUID裏
商品の第一印象は小さい。とにかく小さいです。コンパクトにも程がある気がする。
他の下降機と並べてみると、こんな感じ。
大きさ比べ
 左からドルイド、リグ、インディエボ。

タバコのと比較
大きさ比較のタバコの箱。(話は変わりますがタバコの箱に変わる比較対象を決める国際会議があったと以前聞いたけど、どうなったんでしょう?)

DRUID ロープのセット
ロープの噛ませ方はこんな感じ。ロープが摺りあう構造です。
DRUIDとGOBLIN
ぶら下がるとこんな感じ。レバーは二段階に大きく動きます。実際の動きなどは公式の動画なので確認できます。


サイズは小さくても動作には問題有りません。ANTHONのLORYとほぼ同じ感覚で使えます。面白いのはロープのキンクをほぐすような動きをすることでしょうか。そこそこキンクしたロープで下りたら、みるみる解消したので。で、キンクしていないロープで下りればそれはそれで問題がないのです。まぁ、気のせいである可能性が大きいですが。

通常の下降機の規格にレスキューの規格をとっているので、少しでも荷物を減らしたい用途では良いのではないでしょうか。小さいけど本格派。これをポケットに入れて、飛行機などに乗れば「お客様、お客様の中に下降機をお持ちの方は居られませんか?」と言ったシチュエーションのときにポケットからスッと出すということが苦も無くできる下降機です。余り意味はありませんが。

利点は小さいこと。欠点は小さいこと。ダブルストップ機能も安定していて下降機としては使いがってが良いです。GOBLINと合わせて使えばなお良しです。
そういえばCAMPのGOBLINの紹介をしていませんでした。
CAMP GOBLIN
もう一年以上使っておりますが、一言で言うとKONGのBACK-UPの上位互換です。(当ブログのベンチマークは下降機はLORY、ライフライン側はKONGのBACK-UPです。)
ライフライン系のグラップタイプではベストかと。最高に使い勝手がよいです。
専用のランヤード使用が前提ですが、気持ちよく降りれます。途中でロックが掛かる事があっても外すの簡単です。

では、では。あまり良い紹介にはなりませんでしたが、股近いうちに。
次回予告

d4

では、今年もよろしくお願い致します。ありがとうございました。
携帯アクセス解析