水冷服のその後と気になる商品2017/06/25 21:06

どうもです。
水冷服を作ってみたわけですが、その後意外なことに氷水を入れる容器の省スペース、大容量化にこぎ着けました。

きっかけは久々にブルース・リーの「燃えよドラゴン」を見まして。
水に形はない、どんな形にも成れるというあれです。
その結果行き着いたのがダイソーの小さなクールバックをそのまんま容器に使うというアイデアでした。これによりどんな体制になっても水中ポンプが水を送ってくれます。

クーラートート

氷もやはりダイソーで売っているペタンコ水筒を使用することにより氷1Lの大容量化。
しかし真価を発揮するのは夜の寝苦しいときに使うのがよいです。
コールマンのクーラートートにふんだんに氷を入れて使うと朝までひんやり良い気持ちです。これはマジ快適です。
それはそれとして人間行き詰まったら「燃えよドラゴン」か「ガールズアンドパンツァー劇場版」で大概のことは何とかなるかもです。すみません、言い過ぎました。後悔はしてませんが。

久々にガラス関係の道具の紹介です。
此方の商品をご存じの方おりますでしょうか?もしくは既に使用している方とか。

此方オーストラリアの商品になります。何故にワグテールといい、オーストラリアの方はスクイジにこうも情熱を持つのでしょうか?この商品、専用のゴムを使うのですが4面つまりQuad。表、裏。ひっくり返して表、裏と4回使えるのが売りの新発想。
最初この商品名を見たときはスクイジの二枚切りと思って「何それ欲しい!」と思った物です。たまたまホームセンターで二枚切りのシリコン性ゴム使用した洗車道具見ていたので。

この商品を扱っているオーストラリアのお店を見て回っているのですが、何処も日本への配送は行っていません。ebayでも見つけたのですが、やはり日本には送ってくれませんでした。ゴムのパフォーマンスが良さそうなので、一度は使ってみたいです。道具マニアとしては何とか手に入れたい物です。

ではでは本日はこれぐらいで。また近いうちに。いっつあ くーるじゃぱん!!

水冷服を作ってみた!!!2017/06/11 19:59

どうもです。水冷服を作り始めてから東京は過ごしやすい日々が続いております。毎日涼しいです。  

水冷服自作の三日目です。
ついに完成しました。

水冷服 名付けて「時雨」。
すみません。色々気にしないでください。

それはそれとして形にしたところで問題点が明確に見えてきました。
後ほど報告いたします。

自作 水冷服

とりあえず最終形態です。近所のホームセンターに行ってジャケットを買ってきました。    既に中にはチューブが入っているのです。無理矢理縫い付けているので、よれていますね。
 
自作 水冷服 内側
内側はこんな感じになっております。Tシャツに比べるとラインがはっきりしているので縫い込みやすかったです。多分後三着くらい作れば、旨く仕上げられそう。腕、肩、と10Mのチューブを過不足無く収納できました。首の後ろには今後つける予定のヘルメットへの分岐もあります。
。テープは写真撮った後剥がしました。

自作 水冷服 後ろ

 後ろから見るとメッシュ使用なので丸見えです。完成したのが嬉しくて、このまんま近所のコンビニ、スーパーに行きました。クーラーの効いたスーパーはやばかったです。近いうちに満員電車で効果確かめたいです。
チューブのせいでLLサイズだったジャケットの着心地はかなりきつめになっております。

今回製作費用は最後に購入したジャケットが1,700円でした。部品を全部買い集めていたら最終的には7,000円位掛かるかと思います。意外と水やりチューブがお高い。

自作 水冷服 ボトル

さて、反省点です。
やはり氷水の確保が大変であることが分かりました。当初に作った不凍液冷却にによる熱交換はかなり分が悪く、隣に置いておくだけの方が良い感じでした。こちらのような冷却機能がないボトルを使用すると中の水を半分凍らせても1時間と氷が持ちません。熱交換が悪いとは言え、水を流し始めるとすごい勢いで氷が溶けます。対策としては氷を大きくする。ボトルを丸ごと冷却する。などを考えております。作っている途中にアイデアが色々出てきてはダイソーで使えそうなアイテムをゲットしております。

作りは雑ですが、冷水が流れたときの感動はかなりの物でした。ロープ作業に実践導入が出来るかは未知数ですが、久々に面白い工作でした。

ちなみに自宅にいるときなどは効果高いですよ。冷やした水を入れるだけでかなり快適に過ごせます。チューブをベッドに這わせるとかなりの涼感を得られます。これから暑さが本格的になってきたら、かなり活躍しそうです。

それでは、今回はこれまで。皆様も是非とも水冷服作りに挑戦してみてください。

では、では、本日もありがとうございました。いっつあ くーるじゃんぱん!!

水冷服を作ってみよう!! その22017/06/10 21:13

今年の夏は涼しく乗り切るぜ!と、作っております水冷服。
今日は製作するに当たって用意した商品を紹介します。

まずはシステムの根幹をなす水中ポンプ。
アマゾンでノーブランド品を買いました。
こちら中国の深セン市から送ってくるので二週間ほど待たされました。
この後に紹介するUSB5Vを12Vに昇圧装置を使っての24時間耐久試験にも問題なく耐えたので商品的には大変良い買い物でした。


冷えたボトル

こちらは今回全身に張り巡らせたチューブです。肉厚で冷たさが伝わりにくいですが、ハーネスの下になったときにつぶれないのが前提だった為採用いたしました。試行錯誤したので二本使いました。もともとハイフローシステム用に10Mポールで使用していた物を流用しました。.チューブ途中のスイッチやチューブどおしをつなげるアタッチメントなども買い足しました。水中ポンプから水やりチューブにはシリコン性のチューブを1M購入して継ぎ足しております。


チューブ


スイッチ

今回購入した中で一番重要な品かも知れません。これの使用により水中ポンプの勢いが良くなり、水冷服の実用化に大きく貢献してくれました。当初は自分で回路組んで作ろうと思ってのですが、細かい仕事が辛いので「SHOP U」というところで購入いたしました。これのおかげでハイフローシステムにも転用が出来そうです。

昇圧装置

残りの氷水を入れる容器はダイソーで。電源もダイソーで売っている電池式のモバイルバッテリーを購入して使っております。
電源は本来 昨年タブレット用に買ったこちらを使用するつもりでしたが、結果的には水中ポンプには使えませんでした。モバイルバッテリーには電流の流れが少ないとオートセーブ機能があり、水中ポンプでの使用では45秒程で電源が切れます

ダイソー 100円モバイルバッテリー
これ以外にも試行錯誤で色々購入しましたが、結果的には上記の商品と安いジャケットで完成致しました。

後は実証実験となります。続きは明日。
本日もありがとうございました。


水冷服を作ってみよう!! その12017/06/09 20:24


夏は暑いです。フルハーネスにしてから座布団が厚いのは良いのですが、夏は暑いです。地上にいるときや休憩時は以前紹介した空調服を使用できますが、フルハーネスだと空調服の通風機能がふさがれてしまい、ただの長袖に成り下がってしまいます。暑いです。

ロープ作業は大体炎天下で行われます。酷いときはビルの四面お日様に合わせて降りたりしますから、ここ最近は毎年熱中症で倒れております。

クールジャケット。人間エアコンなど色々商品は出ておりますが、いずれも値段がお高い。JAXA印のなんか7万ぐらいします。下降機込みでフルハーネスが買えますよ!

そこで長年のあこがれであった水冷服を作ってみました。
ダイソーの商品中心に。
構想八年、部品集めに二週間、製作4日です。
水冷服を作ってみよう。その1
全体の構成です。usb式の水中ポンプでTシャツに這わせたチューブに冷水を走らせ冷却をすると言うシンプル構成です。緑色のタンクは不凍液を使用しました。
単純に不凍液にすれば氷より冷えるではないかという単純発想。チューブを中に仕込んであります。冷却にタンクを二つ使うことにより、冷却継続時間実に6時間を実現!!
水冷服を作ってみよう その2
こんな感じで全身涼しいを目指して作っております。
本日はこの辺で。ではでは本日もお付き合いありがとうございました。

今回これと言ってなにもないのですが2016/05/05 14:52

moermanのconbinatorを相変わらず使っていますが、いくつか訂正です。

ETOREのポールだと使えないと書きましたが、あれは嘘だ!
すみません、私が使っていたポールは先端のボール状の留め具が外れていた為止まらなかっただけでした。ETOREの純正ポールならアンガーより使い勝手良かったです。

現在はコンビのシャンプーを外して小さいシャンプーとして使うのがお気に入りです。
画像はありませんが。

 さて世の中には一年に一回更新するかしないかのブログがあります。
当ブログもそうですが。

 一年半ぶりに更新したブログのお知らせが来ました。

http://www.conterra-inc.com/blogs/blog

 中の人が変わったのか熱い内容でした。
タクティカルメディクスVSレスキュータスクフォースメディクス。
大雑把に言ってしまうと軍隊とそれ以外のレスキューチームの仕事について書かれているようです。戦争映画で良くある「メディーク!」って奴ですかね。 
それぞれの単語を画像検索すると、なんとなーく分かる気がします。

コンテラはそういうプロ用の道具も普通にネットで売っている。そこが米国の素晴らしい所ですね。

 オムニスリングの話

最近買うに変えないオムニスリングですが、円高の今がチャンス!!
それはそれとしてご存じの方も多いと思いますが、同じコンセプトの商品がこちら。

http://www.metoliusclimbing.com/ultimate_daisy.html

作るのが見るからに面倒くさそうなので、お値段もかなりお高いです。
後、メーカーが山登り以外に使うなと言明しているので使いませんが、一本欲しいなぁ、と前々から思っております。

 ペツル アサップロック

先日アサップロックを米国でまとめ買いした話なのですが。

どうにもアサップはギミックが凝っている分、仕上がりに差があるのではないかと。悪く言えば商品管理が今一な印象がありまして。

例えばロープの途中で止まらないで、スルスル下りてきてしまう個体がある程度有るようで、問い合わせても仕様だと言われるようです。アジアで流通している商品が問題なのか?
そこで、その手の不具合問題だと五月蠅いと思われる米国でまとめて買ったらどうだろうというのが先日の購入理由でした。

しかしさすがにおフランス製。そんなことは全然無かったよ。
こんな報告が来ておりました。

dynamicrescue.com
http://www.dynamicrescue.com/blogs/news/156291207-information-regarding-possible-cracks-on-asap-lock

アーム部分にクラックが見つかった報告です。
出荷時に問題なしで、時間経過と共に顕在化するクラックだとしたら、結構な問題なので現在調査中のようです。
ブログではアーム部分を削っての引っ張り検査もしています。

安全性にはとりあえず問題がないが、アサップロックを使う際は必ず専用のランヤードを使用して、クラックなどが見つかったらすぐに使用をやめましょう。と、言うことらしい。

リコールになると先日購入した商品の返品がめんどくさいのでなるべく穏便に終わって欲しい話ではあります。
と、ここまで書いたら、アルテリアに報告が来ていました。
すみません、見落としておりました。

http://www.alteria.co.jp/professional/product/mobilefallarrester/asaplock-crack/よくよく探したら、当のPETZLのニュースにありました。

https://www.petzl.com/CA/en/Professional/News/2016-4-18/Information-regarding-possible-cracks-on-ASAP-LOCK#.VytPOtKLSUk

 ネットは広大だわ.。と言うことで今回はこのぐらいで勘弁してください。
では、また近いうちに。今回もおつきあいありがとうございました。


携帯アクセス解析