スクイジゴムをバージョンアップしてみよう2020/10/21 16:35

こんにちは

前回の補足からです。

 

どうにも気になったのでモアマンのベルトとモアマンバケットのクリップを買ってみた。

モアマン ベルト 腰袋

モアマンバケット用クリップ

クリップは引っかけてベルトに通すタイプです。


成程こういう仕様であったかと。なんか全体的に使い勝手が悪い。

おかげで気に入って毎日使っております。

バケモンとモアマンバケットの二つ吊りで腰が重いです。

 

さてさて本日の本題であります。

 

前回紹介したモアマン青ゴムですが、その耐久性のなさに絶望したわけですが妙なところで活路が見いだせました。

 

NXT-R かけ

青ゴムをシリコーンゴムみたいと表記しましたが、そのまんまの発想で今までのゴムにシリコーンを塗ってみれば良いのではないだろうかと。

皆様も一度はスクイジゴムに撥水コートをかければ耐久性が上がるのではないかと考えたことがあると思います。私は昔そう思って靴用の撥水コートをかけたことがあるのですが仕上がりがムラになってしまって諦めたことがあります。

 

そこで今回はシンプルにシリコーンだけ塗ってみることにしました。

試行錯誤を繰り返した結果かなり満足できる結果が得られたので、その方法を惜しげもなく公開したいと思います。

基本的にどこのゴムを使っても性能が二段階上がるといっても過言ではありません。

 

その一

まずスクイジゴムを洗剤で丁寧に洗います。

この際ぬるま湯を利用して泡立てて柔らかい布を使い丁寧に洗ってください。

ここでの洗いによってその後のクオリティが変わってきます。

時間があれば一晩漬けおきしてもかまいません。

 

モアマンゴムを洗う

洗剤で洗う


その二

陰干しでよく乾かす。もしくはマイクロファイバー系のクロスで水分をしっかりとふき取る。

 

その三

シリコーンスプレーをゴムに塗布します。

https://www.amazon.co.jp/dp/B003P18FB2?tag=interactpost-22&linkCode=ogi&th=1&psc=1

 

kure シリコーンスプレー

リンク先の缶が違いますが、中の成分は一緒です。

表、裏特に端っこはたっぷりと塗布します。

 

ゴムにシリコーン

その四

馴染ませるために一晩寝かせます。

そしてここでもマイクロファイバー系の布で乾いていないシリコーンをふき取ります。

そして再度シリコーンを表、裏と塗布します。

また一晩寝かせます。

布で乾いていないシリコーンをふき取り終了です。

 

ここから先は趣味の領域ですが、私はもうワンセット繰り返します。

都合三回シリコーンを塗るのがお気に入り。

これ以上は塗布するたびにゴムが硬くなります。

実際に硬くなるわけでなくカッパぐ際の抵抗が硬くなる印象です。

 

以上のことが終わった時点で美しく黒光りするスクイジゴムが手元にあると思います。

いやはや、丁寧に仕上げると全くの別物と言ってもよい物になります。

仕上がったゴムを使ってみると驚くこと請け合い。

 

普通のモアマンハードゴムがまるで青いゴムのような切れ味になっていることに驚くことでしょう。しかも耐久力は確実に上がっております。ゴム自体が水をムラなく散らすようになっており、実に水になじむようになっております。まるで光触媒の親水性のような働き。

 

なんとなく思い付きで初めて見た割にはかなりの良い結果が出て久々に満足です。

二か月近く検証しておりますが、今回のライフハックはかなりのお勧めです。

青いゴムが欲しいけど高くて買えないという方、青いゴムを買ったけど耐久性で困っている方是非とも今回の方法を試してみてください。

まぁ、私は今回の方法でモアマンハード最高!となっております。
では今回はこれまで。
いずれ近いうちににまたよろしくお願いいたしまう。

ここまでお付き合いありがとうございました。ではでは。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムがあまりにも多いので、よろしくお願いいたします。
ぶらぶら と言えば?
漢字でお願いします。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://burabura.asablo.jp/blog/2020/10/21/9308137/tb

携帯アクセス解析