EUREKA QUAD PROを買う2018/03/04 12:18

お久しぶりです。水冷服のぶらぶら天国です。
水冷服。冬も使いました。
名付けて「水温服」!

語感がおかしいですが、冷水の代わりにお湯を使えばあったか全身湯たんぽ状態でした。いかんせん今冬は世間の評判と違って東京は朝晩こそ冷えますが、昼間は結構な暖かな日が続いて、意外と活躍の場がありませんでした。60℃くらいのお湯を入れて使い捨てカイロで結構暖かいが持続します。屋外でも問題なく眠れる気がしました。

それはそれとして、毎度の事ながら更新が無くて申し訳ありませんでした。
昨年は知り合い含めて、高所から落ちる、落ちる。皆さんロープでは落ちないでその前後で落ちたりしますから、本当に困りものであります。

落ちる状況では必ずバックアップ!乗り出しは禁止で。

CAMPの新しいハーネスも買いましたが、そちらはまた後日に。

久々に新しいアイテムを購入しました。
昨年紹介したオーストラリアのニューエイジ!

商品紹介ページは此方。

EUREKA QUAD PRO 45cm
 こちらは45cmになります
ハンドルはSORBOのスイベルになります。販売店がSORBO押しだったので、この組み合わせに。
商品自体がSORBOを参考にしているようです。
30cm 40cm 45cm
今回チャンネルは35cm、40cm、45cmの3本。SORBOのスイベルハンドル2本を購入してみました。いずれもゴムを押さえるクリップは内蔵式。左右にあるアルミを内側に引っ張るとゴムがロックされる仕様になっております。(下図矢印部分)45cmに至ってはチャンネルの中心が分かるようにラインが入っておりました。
作りは大分しっかりしていて、安心感があります。構造的に後付けのシャンプーをつけるのが面倒そうなので、それがネックでしょうか?
EUREKA QUAD PRO クリップ部分
横から見たところです。スクイジゴムを入れるところが三つの穴になっており、専用のゴム以外でもノーマルのゴムも普通に入ります。
EUREKA QUAD PRO ゴム入れるところ
ゴムはバロン製。このような形状をしております。2本を1本に。サイズとしては通常のゴムの140%ましぐらいのサイズです。即物的ですが良く思いついた物です。
単純にコストが半分ですからね。お得感があります。
EUREKA QUAD PRO BARON製 ゴム
こちらはQuadPROが使えるSORBOハンドル。可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。
SORBO ハンドル
此方の商品の使い勝手ですが、まぁ可もなく不可もなく。普通にスクイジです。
左右のクリップがゴムのそりを押さえてくれるので、モアマンほどではありませんが、角もそこそこに切れるようになっています。重さもそれほど気にならないレベル。普段シャンプー付きの重いのを使っていますから。これにシャンプーをつけたらちょっときつい気もしますが。

問題点があるとすればスクイジ自体の厚みでしょうか。結構分厚い。握ったときの印象は細身の鈍器です。最後の決めが微妙。慣れで何とかなるとは思うレベルですが。

やはり、売りはコストでしょう。ゴムが単純に二倍使えるのはかなり魅力的。ゴム1本がETORE、ワグテールに比べてかなりお買い得。耐久性は未だ未知数。調査も始まったばかりなので、今後気になることがあったら報告致します。


昨年アイラタを獲得してから、あれこれ無かったのですが個人的に大変技能が上がりました。5年前に苦労した現場がまったくもって苦労しなかったりして、道具と技能の向上を実感する日々であります。

それでは、また近いうちにあれこれ書きたいと思います。
久しぶりにありがとうございました。であ、では。

2016年度下降機のまとめ その22017/03/03 18:42

どうもです。久々に書いたブログは我ながら切れが無く遺憾です。

それはそれとして、かまやつひろしさんが亡くなられました。当ブログのタイトルは彼の歌の「ぶらぶら天国」からいただいております。当方、植木等シリーズなどが好きでしたのでそれのもじりで色々作っておりましたが、どれも今一。ふと出てきたのが「ぶらぶら天国」です。私自身もかまやつひろしさんの歌のタイトルというのを忘れていたのですが、これがしっくり来るので採用しました。ぶらぶらと天国を組み合わせた際の何とも言えない間抜け感がお気に入りです。

かまやつひろしさんのご冥福をお祈りします。

それはそれとして、前回ブログタイトルに偽りありですが、今回はちゃんと下降機の紹介を致します。まぁ、これもずいぶん前に用意していた物なのですが。

341EN 12841-C EN ロープ系1891タイプA EN10.5mm-11mm対応

イタリアのクライミングテクノロジー社の下降機です。こちらは現在より進化した
が出ておりますが、そちらは11mmのみ対応という思いきった仕様になっております。
sparrow

基本的な構造は変化していないので、それほど違いはないように思います。今回紹介するのはノーマルなスパローです。
特徴はダブルストップ機能付きレバー。セット時の落下防止機能。一番の特徴はロープを押さえつけるガイドクリップの存在でしょうか。(矢印部分)

こんなのが役に立つのかとも思いましたが、これが地味に良い仕事をします。ロープが暴れるのを押さえ、ロープのキンクも減らしてくれます。
sparrow 重さ540g
sparrow レバー側

使い勝手はトッテモ良いです。ほかの商品を使っている方でもすぐに違和感なく使いこなせる間口の広さが魅力かと。まぁ、今となっては実に普通に使えてよろしいです。
現在では日本での入手性も良いので選択肢としては大いに有りですが、ちょっと値段が高めです。

クライミングテクノロジーはクライミング、ワーク共に道具を一通りだしているので、こちらの会社だけで装備を揃えることも可能です。同じくイタリアのKONGともミラノの北に会社あるらしいので一度は訪問したいです。

余談ですがsparrow200を検索するとトップがCMCのオンラインショップ。米国のNFPAの規格は取ってないのに相変わらず米国はアバウトだな。

こちら(スパロー)は例によって蓮見氏にお借りしました。レビュー遅くなって申し訳ありませんでした。今後はがんばる。

それでは、今日はこんなところで勘弁してください。次回は今まで紹介した下降機をまとめようと思います。


2016年度下降機のまとめ その12017/02/25 21:19

すっかりブログの書き方を忘れてしまいました。
最近は脳内更新も回数が減る体たらくです。本日は本来だったら半年前に載せておくべき代物です。申し訳ありません。

以前も紹介しましたISCのD4。
現在一番のお気に入りの下降機ですが、これを作った方々が来ると言うことで伺いました。

2016年の7月のことです。神奈川県大和市にあります

レスキュー体験
レスキュー体験
箱一杯のISC商品 宝箱だよな。値段的にも。
箱一杯のISC
パンフとカラビナ
ISC カラビナ

D4の紹介、使い方。がっつりと商品に触れる機会で大変有意義な集まりでした。
私が持っているのは旧型。2016年からの新型はレバーの形状変化、カム部分の金属変更と、うらやましい限り。早く新型が欲しいのですが、旧型も丈夫すぎて全く持って目減りせず。

新旧D4

新旧 D4
D4は米国でもOEM販売が多く天下取りつつあるなぁ。

ISCの中の人がペツルに並々ならぬ対抗心を燃やして居り、すごいディスっていて、すごい好き。きっと一緒においしいビールが飲めると思いました。英語覚えないとなぁ。

それはそれとして、私の廻りもHigh Q jpann様でIRATAを取る人が増えております。私も4KTV購入を検討している場合じゃない!!と、思う日々です。

今日はリハビリと言うことでこのぐらいで勘弁してください。

あと コメント欄なのですが、あまりにもスパムが多いのでクイズ形式にさせていただきました。よろしくお願いします。



MOERMAN LIQUDATOR2.0を買う2016/11/21 19:14

ご無沙汰しております。
色々申し訳ありません。

本日はリハビリかねて短く行きます。

モアマン リックディターが新しくなりました!!

その名も「LIQUIDATOR 2.0
http://www.moermangroup.com/en-uk/liquidator-20-new-749.htm

LIQUIDATOR 2.0

諸々の問題をクリアしての、再登場!外れやすいことから評判が悪かった両端のクリップが大幅に改良されて通常の使い方では外れることがありません。

しかも今回は専用のシャンプーまで出て、更にパワーアップ!!端っこまでしっかり濡れる水持ちよいシャンプーです。こちらもいったんスクイジチャンネルにはめるとまず外れません。素晴らしいです。

2.0 シャンプー

更に更にハンドルクリップまで新作が来て、これがまた大変握り心地が良い代物で大変グッドです。

新型ハンドル
チャンネルはバネ式のクリップで挟む形になっております三段階に角度を変えられて、クリップはボタンで三カ所で固定できます。フリーにしてワグのようなカッパギも出来ます。色の統一感もあって、中々良い感じの商品に仕上がっております。

今回45cmでビックリするぐらい良い感じでカッパげるようになりました。



ですが、問題もそれなりにあります。
まず、新しいクリップですが外れなくなった代わりにスクイジを落とすと今までは吹っ飛んでいた両脇のクリップが・・・・・・・・・・・・割れます。
イヤ、使用初めて早々にポールでの作業中に落としまして、それはそれは綺麗に割れました.三つに。

今までのリックディッターを合わせて微妙な長さのスクイジチャンネルが増える増える。早い所両端のクリップの販売をして欲しいです。一応モアマン米国支店には要望送ってみました。

新しいハンドルも問題あります。
握り心地は歴代ハンドルでもトップだと思うのですが、ギミックが増えた分シャンプーまで装着しての使用だと、重いです。すごい重い。
ワグスリムの三倍くらい重く感じる。
私の手首は既に限界です。先ほどワグのように使えると書きましたが、なんというか腰が無くてワグに比べて明らかに踏ん張りが足りません。

そんなわけで新生モアマンはモアマン大好きな人にはお勧めしますけど、リスクが微妙ですので万人にはお勧めできない商品となっております。
ま 良い商品ですよ。うん。

今回はこんなところで勘弁して置いてやるぜ!更新がんばります。
ではでは、本日もありがとうございました。

携帯アクセス解析