EUREKA QUAD PROを買う2018/03/04 12:18

お久しぶりです。水冷服のぶらぶら天国です。
水冷服。冬も使いました。
名付けて「水温服」!

語感がおかしいですが、冷水の代わりにお湯を使えばあったか全身湯たんぽ状態でした。いかんせん今冬は世間の評判と違って東京は朝晩こそ冷えますが、昼間は結構な暖かな日が続いて、意外と活躍の場がありませんでした。60℃くらいのお湯を入れて使い捨てカイロで結構暖かいが持続します。屋外でも問題なく眠れる気がしました。

それはそれとして、毎度の事ながら更新が無くて申し訳ありませんでした。
昨年は知り合い含めて、高所から落ちる、落ちる。皆さんロープでは落ちないでその前後で落ちたりしますから、本当に困りものであります。

落ちる状況では必ずバックアップ!乗り出しは禁止で。

CAMPの新しいハーネスも買いましたが、そちらはまた後日に。

久々に新しいアイテムを購入しました。
昨年紹介したオーストラリアのニューエイジ!

商品紹介ページは此方。

EUREKA QUAD PRO 45cm
 こちらは45cmになります
ハンドルはSORBOのスイベルになります。販売店がSORBO押しだったので、この組み合わせに。
商品自体がSORBOを参考にしているようです。
30cm 40cm 45cm
今回チャンネルは35cm、40cm、45cmの3本。SORBOのスイベルハンドル2本を購入してみました。いずれもゴムを押さえるクリップは内蔵式。左右にあるアルミを内側に引っ張るとゴムがロックされる仕様になっております。(下図矢印部分)45cmに至ってはチャンネルの中心が分かるようにラインが入っておりました。
作りは大分しっかりしていて、安心感があります。構造的に後付けのシャンプーをつけるのが面倒そうなので、それがネックでしょうか?
EUREKA QUAD PRO クリップ部分
横から見たところです。スクイジゴムを入れるところが三つの穴になっており、専用のゴム以外でもノーマルのゴムも普通に入ります。
EUREKA QUAD PRO ゴム入れるところ
ゴムはバロン製。このような形状をしております。2本を1本に。サイズとしては通常のゴムの140%ましぐらいのサイズです。即物的ですが良く思いついた物です。
単純にコストが半分ですからね。お得感があります。
EUREKA QUAD PRO BARON製 ゴム
こちらはQuadPROが使えるSORBOハンドル。可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。
SORBO ハンドル
此方の商品の使い勝手ですが、まぁ可もなく不可もなく。普通にスクイジです。
左右のクリップがゴムのそりを押さえてくれるので、モアマンほどではありませんが、角もそこそこに切れるようになっています。重さもそれほど気にならないレベル。普段シャンプー付きの重いのを使っていますから。これにシャンプーをつけたらちょっときつい気もしますが。

問題点があるとすればスクイジ自体の厚みでしょうか。結構分厚い。握ったときの印象は細身の鈍器です。最後の決めが微妙。慣れで何とかなるとは思うレベルですが。

やはり、売りはコストでしょう。ゴムが単純に二倍使えるのはかなり魅力的。ゴム1本がETORE、ワグテールに比べてかなりお買い得。耐久性は未だ未知数。調査も始まったばかりなので、今後気になることがあったら報告致します。


昨年アイラタを獲得してから、あれこれ無かったのですが個人的に大変技能が上がりました。5年前に苦労した現場がまったくもって苦労しなかったりして、道具と技能の向上を実感する日々であります。

それでは、また近いうちにあれこれ書きたいと思います。
久しぶりにありがとうございました。であ、では。

コメント

_ amnif ― 2018/06/18 20:31

毎度記事を読ませていただいてます、掃除屋の一人です。

ガラス道具をイエローカラーでそろえるべく日々奮闘していまして、この新商品は魅力的すぎました…
このスクイジーをどこでお買い求めになったのか気になります、可能であれば教えていただけますでしょうか!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムがあまりにも多いので、よろしくお願いいたします。
ぶらぶら と言えば?
漢字でお願いします。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://burabura.asablo.jp/blog/2018/03/04/8797646/tb

携帯アクセス解析